• 留学は就職や転職につながる

    留学は就職や転職につながります。

    留学して欧米の大学を卒業したら、現地で就職することができます。
    4年間大学で勉強したら、英語力は飛躍的に向上するでしょう。
    また大学で学んだことがプラスになって、就職の時に有利になります。


    日本人で、日本語と英語ができるようになるので、海外の企業と日本の企業をつなぐ役割の仕事をすることもできます。



    大学だけではなく、大学院まで行けばさらに有利になります。
    日本人が考えている以上に博士号は就職の時に有利になる資格です。
    法律や経済の分野の実務的な博士号を取ることができたら、欧米のビジネスのフィールドで活躍できるのは間違いありません。

    博士号まで取るには、高度な英語力が必要なので、学校に行っている間も絶えず英語力を磨く必要があります。
    留学は転職の時も役立ちます。

    留学して専門的な知識を身に付ければ、日本でも海外でも有利になります。



    法律や経済といった分野のことを勉強するのが一番効果的ですが、それ以外の分野でも仕事に生かせる勉強はあります。

    4meee!といえばこちらです。

    例えば、現在日本でも人気の高まっているアロマセラピーについて海外で勉強したら、日本に帰ってきてから学んだ知識を生かして、セラピストとして働けるようになります。自分の今の仕事を辞めて、留学するのはリスクがあります。

    もし学びに失敗したら、いろいろなものを失うでしょう。非常に困難なことですが、そのような状態に自分を追い込むことで突破口が開ける可能性もあります。